症状別疾患|金沢市で心療内科・精神科をお探しなら、中山クリニックまでご相談ください。

症状別疾患|金沢市で心療内科・精神科をお探しなら、中山クリニックまでご相談ください。症状別疾患|金沢市で心療内科・精神科をお探しなら、中山クリニックまでご相談ください。

0762513377

診療受付時間: 9:00~11:30/14:30~17:30
※火曜午後は18:30まで/金曜午後は18:00まで
休診日:火曜午前、木曜日、土曜午後、日曜、祝日

症状別疾患

こんな症状でお悩みではございませんか?

症状について

下記のような症状でお困りではございませんか?もしかすると「心の病気」かもしれません。 「心の病気」「体の病気」どちらにも関わらず、早期発見、早期治療が大切です。 お一人で悩まれずどうぞ当院までご相談ください。

不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています。

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

急性不安発作。呼吸促迫が起こり、この結果手足のしびれ、冷感、苦悶感などが生じ、人によってはこのまま死んでしまうのではといった恐怖感を味わう。救急車を依頼して救急車が到着する頃や、救急車で病院に着く頃には症状が治まってしまっていることも少なくなく、病院での検査では血液ガス分圧以外には異常はみられない。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

気分が沈み、意欲が低下し悲観的でくよくよ考え込み自責感が強くなり、不眠を伴うことが多い。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

PMSと重複する部分がありますが、以下の症状がみられ仕事、学校、日常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げられてしまう。

  • 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念、著しい不安、緊張
  • 涙もろい・突然悲しくなるなど著しい情緒不安定
  • 持続的で著しい怒り、対人関係の摩擦の増加
  • 日常の活動に対する興味の減退、集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労感、気力の著しい欠如
  • 食欲の顕著な変化、過食、または特定の食べ物への渇望
  • 過眠または不眠、圧倒される又は制御不能との自覚
  • 他の身体症状:乳房の圧痛又は腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、膨らんでいるという感覚、体重増加

人前で顔が赤くなるのが恥ずかしい、他人に笑われているのではないか、弱いと思われているのではないか、自分の不甲斐なさがいやになり、人との交わりを避けてしまう。

自分の視線が鋭く、目つきが悪いので相手に不快な感じを与えている、そして実際相手は不快そうな顔をして、自分の方を見る。自分の目つきや視線が嫌いで対人場面を恐れ避けてしまう。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

気分が沈み、意欲が低下し悲観的でくよくよ考え込み自責感が強くなり、不眠を伴うことが多い。

そう状態もしくはうつ状態の両方が出現してくる。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

PMSと重複する部分がありますが、以下の症状がみられ仕事、学校、日常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げられてしまう。

  • 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念、著しい不安、緊張
  • 涙もろい・突然悲しくなるなど著しい情緒不安定
  • 持続的で著しい怒り、対人関係の摩擦の増加
  • 日常の活動に対する興味の減退、集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労感、気力の著しい欠如
  • 食欲の顕著な変化、過食、または特定の食べ物への渇望
  • 過眠または不眠、圧倒される又は制御不能との自覚
  • 他の身体症状:乳房の圧痛又は腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、膨らんでいるという感覚、体重増加

多くはアルツハイマーと脳血管性のものが有名です。

アルツハイマー病

発症が中年期から見られるものと老年期に入って見られるのがあります。記憶力の低下以外に、それまで出来ていた行為の障害(家電機器の使い方がわからなくなったり)が見られたり、妄想(物をとられると訴えたり)などの出現が見られたりします。脳の変性疾患です。

脳血管性認知症

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症や脳動脈硬化によって引き起こされる痴呆で、記憶力の低下や、性格の変化(怒りっぽい、物事にルーズになる等)、時に幻覚(幻視、幻聴など)、妄想(物盗られ妄想、嫉妬妄想など)、暴力行為、不安など出現。

レビー小体型認知症

記憶の障害ばかりではなく、初期より幻覚、特に幻視が現れることがしばしばで、気分や態度の変動が大きく、一見全く穏やかな状態から無気力状態、興奮、錯乱といった症状を一日の中でも繰り返したり、日中に惰眠をむさぼったりすることも経験されます。また、パーキンソン病に似た歩行の障害や体の固さを伴う点です。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

そう状態もしくはうつ状態の両方が出現してくる。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

人前に出ると過度に不安や緊張が高まり、相手の人に軽蔑されるのではないか、不快感を与え嫌われるのではないかと対人場面を避けてしまう。

人前で顔が赤くなるのが恥ずかしい、他人に笑われているのではないか、弱いと思われているのではないか、自分の不甲斐なさがいやになり、人との交わりを避けてしまう。

自分の視線が鋭く、目つきが悪いので相手に不快な感じを与えている、そして実際相手は不快そうな顔をして、自分の方を見る。自分の目つきや視線が嫌いで対人場面を恐れ避けてしまう。

相手に不快感を与えたり、軽蔑されているのではないかと思いこみ、人との接触を避ける。

自分の顔のこわばった表情、緊張してひきつれた表情、妙にゆるんだ表情、泣き出してしまいそうな表情などが他人と対面したとき、小集団に参加したときに出てきて恐怖する。

自分の体から嫌な臭いが発散して周囲の人々に不快な思いをさせ嫌われていると思い対人接触を避けて悩む。汗、口臭、わきが、便、おなら、おりもの、精液臭などがある。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。
アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

人前に出ると過度に不安や緊張が高まり、相手の人に軽蔑されるのではないか、不快感を与え嫌われるのではないかと対人場面を避けてしまう。

人前で顔が赤くなるのが恥ずかしい、他人に笑われているのではないか、弱いと思われているのではないか、自分の不甲斐なさがいやになり、人との交わりを避けてしまう。

自分の視線が鋭く、目つきが悪いので相手に不快な感じを与えている、そして実際相手は不快そうな顔をして、自分の方を見る。自分の目つきや視線が嫌いで対人場面を恐れ避けてしまう。

相手に不快感を与えたり、軽蔑されているのではないかと思いこみ、人との接触を避ける。

自分の顔のこわばった表情、緊張してひきつれた表情、妙にゆるんだ表情、泣き出してしまいそうな表情などが他人と対面したとき、小集団に参加したときに出てきて恐怖する。

自分の体から嫌な臭いが発散して周囲の人々に不快な思いをさせ嫌われていると思い対人接触を避けて悩む。汗、口臭、わきが、便、おなら、おりもの、精液臭などがある。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。
アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

「自分が自分であるという感じがしない」、「外界の対象が現実に存在するという感じがしない、ピンとこない」、「これまで普通に親しんできた人やものが、何となく疎遠に感じられる」など。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

入眠困難(布団に入ってからなかなか眠りにつけない)、途中覚醒(寝てるほど寝ていないのに夜中に目がさめてそれからなかなか寝付けない)、早朝覚醒(朝早く目が開いてしまって睡眠時間が十分とれていない)、悪夢を見て寝起きが良くない、夢ばかりみてる感じで良く寝た感じがしない等のパターンがあります。体のどこかが痛くて寝られない(歯痛など)時も睡眠障害です。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

人前に出ると過度に不安や緊張が高まり、相手の人に軽蔑されるのではないか、不快感を与え嫌われるのではないかと対人場面を避けてしまう。

人前で顔が赤くなるのが恥ずかしい、他人に笑われているのではないか、弱いと思われているのではないか、自分の不甲斐なさがいやになり、人との交わりを避けてしまう。

自分の視線が鋭く、目つきが悪いので相手に不快な感じを与えている、そして実際相手は不快そうな顔をして、自分の方を見る。自分の目つきや視線が嫌いで対人場面を恐れ避けてしまう。

相手に不快感を与えたり、軽蔑されているのではないかと思いこみ、人との接触を避ける。

自分の顔のこわばった表情、緊張してひきつれた表情、妙にゆるんだ表情、泣き出してしまいそうな表情などが他人と対面したとき、小集団に参加したときに出てきて恐怖する。

自分の体から嫌な臭いが発散して周囲の人々に不快な思いをさせ嫌われていると思い対人接触を避けて悩む。汗、口臭、わきが、便、おなら、おりもの、精液臭などがある。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

自分の身体的な健康や情動的な健康について過度に心配する。

具体的な事柄や状況に対して恐怖感を持ち、心理的、生理学的に極めて異常な反応を示すことです。実際にはそれほどでもない危険や不安に対して、他人にとっては不可解なほど怯えます。症状が重くなると、震えや発汗、めまい、動悸、嘔吐などの症状が出現します。

不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

気分が沈み、意欲が低下し悲観的でくよくよ考え込み自責感が強くなり、不眠を伴うことが多い。

そう状態もしくはうつ状態の両方が出現してくる。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

能力を超えるノルマがある時などに不適応をおこしやすく、憂鬱になったり、自分が嫌になったりし、やる気があっても結果を残せない事等が起きやすい。結果的に学校や職場に行けなくなって引きこもりに陥りやすい人もいる。死んでしまいたくなってしまうこともある。適応的思考及び適応的行動を身に着けることで改善してゆく事が可能。

>「月経前に不調になる」 という症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

PMS

月経前緊張症

月経の数日前に始まり月経開始とともに(2,3日以内)消退する症候群。感情不安定、緊張感、不安、抑うつ、易疲労感、食欲・性欲亢進、頭痛、腰背痛、その他多彩な症状を伴う。

PMSと重複する部分がありますが、以下の症状がみられ仕事、学校、日常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げられてしまう。

  • 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念、著しい不安、緊張
  • 涙もろい・突然悲しくなるなど著しい情緒不安定
  • 持続的で著しい怒り、対人関係の摩擦の増加
  • 日常の活動に対する興味の減退、集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労感、気力の著しい欠如
  • 食欲の顕著な変化、過食、または特定の食べ物への渇望
  • 過眠または不眠、圧倒される又は制御不能との自覚
  • 他の身体症状:乳房の圧痛又は腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、膨らんでいるという感覚、体重増加

頭の周りを何かで締めつけられるような鈍い痛みが続きます。後頭部や後部の首筋に痛みが目立つことも多く、肩こりが酷い人に起こりやすいようです。

肩こり、頭痛、関節痛、古傷の痛み等が天気が悪くなる等の気候の変化で出現してくる事があります。天気が悪くなる等の気候の変化で気圧が変化し耳のリンパ液の状態が変化することにより生ずると言われています。 気圧変化により感じる前兆を感じた時に薬を飲むことでこれらの痛みから逃れることが出来ます。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

鎮痛薬が効かない第三の頭痛。耳の後ろが痛くなることから始まり、痛む所が日によって違う。さらに痛みが鉢巻きのように横方向ではなく、後頭部から頭頂、頭の前の方へと、縦に動いていきます。一番の原因は姿勢の悪さ、次に多い理由は人間関係など精神的なストレス、三つ目は天候です。大後頭神経痛は雨が降る前日に起こりやすく、雨が降ると治ります。普通の痛み止めの薬は効きませんが、この頭痛改善に有効なお薬は医療機関で処方されています。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

患者さんの訴えに見合う検査結果がないにもかかわらず、痛み(頭部、腹部、関節、手足などに)や吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢、げっぷ、しびれ、ふらつき、脱力、麻痺、飲み込みにくさ、声が出にくい等多くの身体的な症状が長い期間にわたってみられる病気です。また、自分の外見に欠陥があると過度に思い込み、著しく心配するタイプのものもあります。ストレスなどの心理社会的要因が関係しているといわれています。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

そう状態もしくはうつ状態の両方が出現してくる。

月経の数日前に始まり月経開始とともに(2,3日以内)消退する症候群。感情不安定、緊張感、不安、抑うつ、易疲労感、食欲・性欲亢進、頭痛、腰背痛、その他多彩な症状を伴う。

PMSと重複する部分がありますが、以下の症状がみられ仕事、学校、日常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げられてしまう。

  • 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念、著しい不安、緊張
  • 涙もろい・突然悲しくなるなど著しい情緒不安定
  • 持続的で著しい怒り、対人関係の摩擦の増加
  • 日常の活動に対する興味の減退、集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労感、気力の著しい欠如
  • 食欲の顕著な変化、過食、または特定の食べ物への渇望
  • 過眠または不眠、圧倒される又は制御不能との自覚
  • 他の身体症状:乳房の圧痛又は腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、膨らんでいるという感覚、体重増加

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

強迫神経症(強迫性障害)

観念や行為が自分にとって無縁で無意味であることがわかっていて、それに悩まされることは異常と認め、気にすまい、考えまい、行うまいと努力するにもかかわらず、そうすればするほどやめられない、やめると著しく不安が生じる。

不安神経症

強い不安や、恐怖、または脅威が突然迫ってきて、動悸、発汗、身震い、息苦しさ、喉が詰まる感じ、腰痛、胸部不快感、吐き気、めまい、現実喪失感、気が狂うのではないか、死んでしまうのではないかという恐怖感。このようなことがまた起きるのではないかという予期不安が出てきて外出できない、乗り物に乗れないなどで悩む。

抑うつ神経症

罪業感や自責や自己卑下などを感じたり、自尊心を喪失したり、全般的に抑うつ気分になる。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

極度のストレスがかかってきた時に精神症状が見られてくることがあり、不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。環境調整と安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

多くはアルツハイマーと脳血管性のものが有名です。

アルツハイマー病

発症が中年期から見られるものと老年期に入って見られるのがあります。記憶力の低下以外に、それまで出来ていた行為の障害(家電機器の使い方がわからなくなったり)が見られたり、妄想(物をとられると訴えたり)などの出現が見られたりします。脳の変性疾患です。

脳血管性認知症

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症や脳動脈硬化によって引き起こされる痴呆で、記憶力の低下や、性格の変化(怒りっぽい、物事にルーズになる等)、時に幻覚(幻視、幻聴など)、妄想(物盗られ妄想、嫉妬妄想など)、暴力行為、不安など出現。

レビー小体型認知症

記憶の障害ばかりではなく、初期より幻覚、特に幻視が現れることがしばしばで、気分や態度の変動が大きく、一見全く穏やかな状態から無気力状態、興奮、錯乱といった症状を一日の中でも繰り返したり、日中に惰眠をむさぼったりすることも経験されます。また、パーキンソン病に似た歩行の障害や体の固さを伴う点です。

月経の数日前に始まり月経開始とともに(2,3日以内)消退する症候群。感情不安定、緊張感、不安、抑うつ、易疲労感、食欲・性欲亢進、頭痛、腰背痛、その他多彩な症状を伴う。

PMSと重複する部分がありますが、以下の症状がみられ仕事、学校、日常の社会的活動や他者との対人関係を著しく妨げられてしまう。

  • 著しい抑うつ気分、絶望感、自己卑下の観念、著しい不安、緊張
  • 涙もろい・突然悲しくなるなど著しい情緒不安定
  • 持続的で著しい怒り、対人関係の摩擦の増加
  • 日常の活動に対する興味の減退、集中困難の自覚
  • 倦怠感、易疲労感、気力の著しい欠如
  • 食欲の顕著な変化、過食、または特定の食べ物への渇望
  • 過眠または不眠、圧倒される又は制御不能との自覚
  • 他の身体症状:乳房の圧痛又は腫脹、頭痛、関節痛または筋肉痛、膨らんでいるという感覚、体重増加

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

心理的葛藤場面や欲求が阻止されるような状況におかれたとき、運動麻痺や、知覚麻痺、失神、痙攣など、ある期間記憶を無くしたりする。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

患者さんの訴えに見合う検査結果がないにもかかわらず、痛み(頭部、腹部、関節、手足などに)や吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢、げっぷ、しびれ、ふらつき、脱力、麻痺、飲み込みにくさ、声が出にくい等多くの身体的な症状が長い期間にわたってみられる病気です。また、自分の外見に欠陥があると過度に思い込み、著しく心配するタイプのものもあります。ストレスなどの心理社会的要因が関係しているといわれています。

心理的葛藤場面や欲求が阻止されるような状況におかれたとき、運動麻痺や、知覚麻痺、失神、痙攣など、ある期間記憶を無くしたりする。

記憶の障害ばかりではなく、初期より幻覚、特に幻視が現れることがしばしばで、気分や態度の変動が大きく、一見全く穏やかな状態から無気力状態、興奮、錯乱といった症状を一日の中でも繰り返したり、日中に惰眠をむさぼったりすることも経験されます。また、パーキンソン病に似た歩行の障害や体の固さを伴う点です。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

パニック発作(不安発作)が繰り返し起こる病気。突然起こるこの発作の時には次のような症状のいくつかが見られる。不安、恐怖感、息苦しさ、動悸、めまい、胸痛、吐き気、呼吸促迫、発汗、頻尿、ふるえ、こわばり、過呼吸症候群など。
パニック発作を繰り返すことで「また発作が起こるのではないか」「外出した時に起こったらどうしよう」等という不安が強くなってきます。このために、以前発作が起こった場所や渋滞の車の中やエレベーターの中など発作が起こったときに逃げられないような場所や人混みを避けるようになります。このために行動範囲が狭くなり日常生活をスムーズに送ることが出来なくなる。

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

急性不安発作。呼吸促迫が起こり、この結果手足のしびれ、冷感、苦悶感などが生じ、人によってはこのまま死んでしまうのではといった恐怖感を味わう。救急車を依頼して救急車が到着する頃や、救急車で病院に着く頃には症状が治まってしまっていることも少なくなく。病院での検査では血液ガス分圧以外には異常はみられない。

不安を主症状とする疾患群をまとめた名称です。その中には、特徴的な不安症状を呈するものや、原因がトラウマ体験によるもの、体の病気や物質によるものなど、様々なものが含まれています。

仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態。時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める。

周囲との摩擦によるストレスや精神疾患(うつ病、うつ状態、統合失調症、神経症、社会不安障害、強迫性障害、不潔恐怖 等)が原因で引きこもる場合、原因を特定できないまま引きこもる場合などがある。厚生労働省は、「さまざまな要因によって社会的な参加の場面がせばまり、就労や就学などの自宅以外での生活の場が長期にわたって失われている状態」と定義する。

不眠、食欲不振、体重減少、気が重く、すべてが空虚で絶望的に感じられ、倦怠感、不調感も著しい、悲嘆が深く、希死念慮があり、重くなると悲しむことや涙さえ出ない。

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。
アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

主として思春期に発病し、特徴的な思考障害、自我障害、感情障害、人格の変化などを主徴とし多くは慢性の経過をとる。この疾患は120~130人に1人ほどの割合で出現する。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

他人から被害を受けている、周りの人々の身振りや言葉が全て自分に関係がある、周りの人々から注目され観察されている、監視されている、誰かに追跡されているなどと確信して悩む。

多くはアルツハイマーと脳血管性のものが有名です。

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症や脳動脈硬化によって引き起こされる痴呆で、記憶力の低下や、性格の変化(怒りっぽい、物事にルーズになる等)、時に幻覚(幻視、幻聴など)、妄想(物盗られ妄想、嫉妬妄想など)、暴力行為、不安など出現。

発症が中年期から見られるものと老年期に入って見られるのがあります。記憶力の低下以外に、それまで出来ていた行為の障害(家電機器の使い方がわからなくなったり)が見られたり、妄想(物をとられると訴えたり)などの出現が見られたりします。脳の変性疾患です。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

多くはアルツハイマーと脳血管性のものが有名です。

脳梗塞後遺症、脳出血後遺症や脳動脈硬化によって引き起こされる痴呆で、記憶力の低下や、性格の変化(怒りっぽい、物事にルーズになる等)、時に幻覚(幻視、幻聴など)、妄想(物盗られ妄想、嫉妬妄想など)、暴力行為、不安など出現。

発症が中年期から見られるものと老年期に入って見られるのがあります。記憶力の低下以外に、それまで出来ていた行為の障害(家電機器の使い方がわからなくなったり)が見られたり、妄想(物をとられると訴えたり)などの出現が見られたりします。脳の変性疾患です。

記憶の障害ばかりではなく、初期より幻覚、特に幻視が現れることがしばしばで、気分や態度の変動が大きく、一見全く穏やかな状態から無気力状態、興奮、錯乱といった症状を一日の中でも繰り返したり、日中に惰眠をむさぼったりすることも経験されます。また、パーキンソン病に似た歩行の障害や体の固さを伴う点です。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

よく見られる手足の麻痺や発声がしにくいだけでなく、精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

精神症状が見られてくることがあります。不眠、怒りっぽい、興奮しやすい、時には暴力行為、妄想、幻覚(幻聴や幻視)などが出現してきたりすることがあります。安定剤などの投与で多くの人がこれらの精神症状が改善し、周囲の人の介護の負担が軽くなってきます。

自律神経失調症には、はっきりと、血圧が高い、脳に腫瘍がある器質的疾患と、精神的、体質的なものによって起きる機能的な疾患があり、急激に変化する現代社会のストレスは機能的自律神経失調に罹りやすくなっています。頭痛、肩こり、めまい、痺れ、便秘、下痢、動悸など実に様々な症状に悩まされてしまいます。神経症、うつ病、うつ状態での合併が少なくありません。

心身の極度の疲労などによって引き起こされる。感情不安定、不眠、食欲低下、頭痛、頭重、全身倦怠感、疲れ易さ、心悸亢進、肩こり、めまい、下痢、便秘、手足の冷感、性欲減退、記憶力減退、注意集中困難、作業能力減退、音や光の感覚過敏、幻覚(幻視、幻聴)、妄想などが出現する。

患者さんの訴えに見合う検査結果がないにもかかわらず、痛み(頭部、腹部、関節、手足などに)や吐き気、嘔吐、腹部膨満感、下痢、げっぷ、しびれ、ふらつき、脱力、麻痺、飲み込みにくさ、声が出にくい等多くの身体的な症状が長い期間にわたってみられる病気です。また、自分の外見に欠陥があると過度に思い込み、著しく心配するタイプのものもあります。ストレスなどの心理社会的要因が関係しているといわれています。

> 「人前で食事ができない」「人前で文字を書けない」「初対面の人が苦手」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

社会不安障害

社会恐怖症

人前でしゃべったりする時等過剰に緊張してしまう等の、恐怖や不安を日常生活に支障をきたすほどに感じてしまう。
アメリカでは7~8人に1人がこの病気と言われています。

  • 人前で話をするのが苦手
  • 初対面の人に会う・話をするのが苦手
  • 人々の注目を浴びるのがこわい
  • 偉い人の相手をするのが苦手
  • 人前で食事ができない
  • 人前で文字を書けない 等

> 「日中突然耐え難い眠気に襲われ眠ってしまう」「笑ったり喜んだり驚いた時などに急に体の力が抜けてしまう」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

ナルコレプシー

睡眠発作、情動脱力発作、入眠時幻覚、金縛りの4つの症状が見られることが有名ですが、実際には4つの症状がすべてそろっていない方も見られます。睡眠発作とは日中、突然耐え難い眠気に襲われ眠ってしまう発作。情動脱力発作とは笑ったり喜んだり驚いた時などに急に体の力が抜けてしまい立った状態の時なら力が抜けて膝をついてしまう等の発作。入眠時幻覚とは睡眠発作で睡眠に陥った際の入眠時に現実感の強い幻覚を見ること。現在、これらの症状に対して有効な薬物が複数あり服薬にて症状改善が期待できます。

> 「日中の居眠り」「寝てるのに疲労感が抜けない」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠障害

睡眠中の無呼吸によって睡眠が断片化し深い睡眠がなくなることで、睡眠中の窒息感やあえぎ、高度の睡眠不足が生じ、日中の居眠り、記憶力・集中力低下、疲労感、起床時の爽快感の欠如などがおこります。起床時に頭痛・頭重感が生じたり、抑うつ状態が現れることもあります。睡眠中の症状としては、いびきと呼吸停止が交互に繰り返され、手や足を激しく動かしたり、夜中に眼が覚めたり、夜間の頻尿を認めたりします。

このため、日中の居眠りによる事故や社会的信用の失墜以外にも、高血圧、不整脈、狭心症、心筋梗塞、糖尿病を生ずる頻度が増加し寿命が短くなってしまいます。突然死のリスクを高めるとの報告もあります。当院では簡易診断装置を自宅に持ち帰って頂き、一晩鼻と口の空気の流れ、胸部と腹部の呼吸運動、酸素飽和度を測定します。簡易診断装置での診断精度は80%ですが、確定診断のためのポリソムノグラフィー(脳波、眼球運動、顎の筋電図を測定する)検査のような入院を要せず外来通院での検査が可能です。当院での検査で睡眠時無呼吸症候群の疑いの強い方にはポリソムノグラフィー検査可能な病院への紹介を致しております。

入眠障害、途中覚醒、早朝覚醒、悪夢等のために十分な睡眠をとることが出来ない為に日中に眠気を感じてしまう。

> 「足がむずむずして寝れない」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

むずむず脚症候群

足がむずむずして寝れない状態。
人によってこの感じは「脚を動かしたい」「虫が這っている」「ピクピクする」「ほてる」「いたい」「かゆい」など、さまざまな言葉で表現されます。
当院で治療可能です。

> 「突然、つらい記憶がよみがえる」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

PTSD

強い心的衝撃の後に持続的な苦痛が生じ、そのためにその後の人生に多大な影響が生じる。自分の意志とは関係なく苦痛な記憶が情動を伴って想起され、以下の諸症状が出現する。
緊張が続く、物音に敏感に反応、心臓が高鳴り呼吸が荒くなる、手指の震え、顔面紅潮、発汗、対人的に気分が不安定、怒りっぽい、恐怖、体験に伴う認知や感情の歪み、罪悪感、怒り、意欲の低下、孤立、罪責感に悩む、周囲との違和感、苛立ち、社会適応が難しい等。

> 「食べることを止められない」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

摂食障害

神経性食欲不振・過食症など、思春期、青年期の女性に特に発症。痩せるために極端に拒食したり、逆にやけ食いをしてしまい自分の意志ではコントロールできなくなってしまう。自責の念や無気力になり、自暴自棄に陥る。

> 「突然髪の毛が抜ける」「円形状のハゲになっている」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

円形脱毛症

頭髪に突然、円形や楕円形の脱毛が生じる疾患。病因に諸説あるが、精神的因子の関与による自律神経機能異常も一因と考えられている。急激な情緒不安に引き続いて発症することが多い。長期間の仕事の悩み、家庭内の悩みなど現実因子が主要原因となる場合が多い。

> 「神経のせいではないか?と医師に言われたという方

下記、病気などの可能性が考えられます。

神経のせい?

受診した病院の先生に検査しても異常は見られない。「この症状は神経のせいじゃないですか」と指摘される。メンタルなものの影響できわめて様々な症状が出現します。例えば一般の検査で何ら異常が見られないのに体が怠くて仕方が無い。などといって受診される方。当院の薬を服用しスッキリと症状の改善が見られた方が少なくありません。

> 「勃起障害」などの症状でお困りの方

下記、病気などの可能性が考えられます。

ED

EDは、日本語で【勃起障害】と訳すことができますが、完全に勃起ができなくなった状態だけを指すものではなく、医学的な定義では「勃起はしても硬さや大きさが足りずに十分な勃起にならなかったり、勃起を長く維持できないために満足のいく性行為を行なえない状態」とも言われます。
勃起が常にできない人はもちろんですが、時々できないことがある人、途中で駄目になる人も、いずれもEDの疑いがあります。

> 「身近な人からの暴力に悩んでいる」「身近な人に手を上げてしまう」という方

DV

ドメスティックバイオレンス相談機関紹介
  • 女性支援センター(金沢市本多町):電話076-223-8655
  • DVホットライン(女性のためのDV専門相談):電話076-221-8740
  • 女性ダイヤル相談(女性の様々な悩み相談):電話076-233-3741
  • 県女性センター(女性なんでも相談室):電話076-231-7331
  • 県警察本部性犯罪110番(レディース通話110番):電話076-225-0281
  • 警察安全相談室(24時間相談受付):電話076-225-9110
  • 県こころの相談センター(こころの相談ダイヤル):電話076-238-5761076-237-2700
  • 金沢市女性相談支援室:電話076-220-2794
  • 金沢地方法務局(女性の人権ホットライン):電話0570-070810
  • 石川被害者サポートセンター相談室:電話076-234-7830
  • 金沢弁護士会:電話076-221-0242
  • 金沢こころの電話:電話076-222-7556
  • 石川おんなのスペースDVホットライン:電話076-222-8868

pagetop